日本と違う海外の矯正事情

歯の矯正って、日本と海外では全然事情が違うってご存知でしたか?まずは海外の矯正事情から見てみましょう。

海外でもっとも歯科治療が進んでいると言われるのがスウェーデンとアメリカ。

スウェーデンは、歯科以外の医療も最先端と言われていますよね。

そんなスウェーデン、なんと歯科治療は19歳まで無料!しかも、無料なのは虫歯などの一般歯科治療だけでなく、矯正まで無料なんです。

これには驚きですよね!スウェーデンは保険料が高い代わりに医療費がほとんどかからないことで有名ですが、なぜここまで歯科治療が充実しているかというと、それは寒い気候ならではのお国事情が影響しているんです。

スウェーデンでは、環境の影響で干し肉などの硬いものを食べるのが一般的。

そのため、歯が良くなければしっかりと食事をすることができないのです。

だから、生きていくために、歯を大切にするようになったと言われています。

一方、アメリカでは保険制度が充実していないために、非常に医療費が高額。

もちろん歯科治療もです。

日本では数千円で治せる虫歯も、アメリカでは数万円かかるとも!なので、小さいころから歯を大切にする習慣がついているんですね。

世界でもっとも歯の予防意識が強い国と言われ、国民の約半数が大人になるまでに矯正を済ませると言われています。

審美とより予防のために、という感じですね。

そのため、アメリカでは矯正をしていなければ、親の教育が行き届いていないと言われるほど。

アメリカ人にとって、将来虫歯で困らないように矯正することは当たり前のことのようです。

矯正情報http://www.qibaq.com/